テレビ電話セックス普通テレフォンセックスと言えば、相手の姿は一切見えない状態で、完全に声だけでやり取りするのが一般的です。ただ、近年ではテレビ電話を活用して、相手の顔や姿を見ながらテレフォンセックスをやる人も増えています。

テレビ電話セックスのメリットとデメリット

テレビ電話は、1970年頃から存在はしていましたが、その頃は全くと言っていいほど市民には名前が知れ渡っていませんでした。本格的に普及し始めたのは2000年代に入る頃ぐらいで、ちょうど携帯電話が本格的に普及し始めた頃です。非常に画期的な通話方法として注目をされ、多くの人がテレビ電話の機能を活用しました。

テレビ電話セックスのメリット

双方とも携帯電話にテレビ電話の機能が搭載していれば、携帯の画面を通じて相手の顔を見ながら通話することが可能です。したがって、遠くに住んでいる友達、単身赴任中の夫など、元気な顔を見つつ話すことができるため、テレビ電話は非常に大きなメリットがあるわけです。

テレフォンセックスに関してもテレビ電話は、大いに活用することができます。ただ相手の声を聞くだけでは物足りないという人が、相手の姿を見ながらエッチをしたいと考えています。言ってみれば、ライブチャットと似たような感じだと言えるわけです。

例えば、女性の下着姿であったり、オナニーをしている様子を見ながらテレフォンセックスをすることで、堪らないほどの興奮を味わうこともできるわけです。もちろん、ただ姿を見るだけであれば、ライブチャットを活用すれば、こちらは電話越しに会話をすることができるので、また違った楽しさや快感を味わうことが可能になります。

自分の姿を見てもらうこともできるので、自分の恥ずかし姿を見せて、羞恥心を感じながらテレフォンセックスをするのもいいかもしれません。声だけだと伝わりづらいことも、テレビ電話であれば全面に伝えることが可能です。

テレビ電話セックスのデメリット

テレビ電話でのテレフォンセックスには色々なメリットがありますが、デメリットがあることも忘れてはいけません。相手の顔も姿も見えてしまうことは、逆に言えば妄想の範囲も狭まることになってしまいます。声しか分からないからこそ、あらゆることを想像することができので、テレビ電話だとそれが難しくなってしまいます。

普通のテレフォンセックスであれば、声の相性さえ合えば楽しく取り組むことができますが、テレビ電話だとどうしても相手の見た目も気になるでしょうから、声以外の相性も求められることになります。