大人のルールテレフォンセックスをするのであれば、当たり前ですが楽しみながらやりたいものです。楽しくなければやる意味もないので、そのためにも大人としてのルールはしっかりと守るようにしましょう。

ルールを守らなければ、相手としても不快な気分になるでしょうし、快くテレフォンセックスに応じてくれないです。最悪の場合は、強制的に通話を切られてしまう可能性もありますから、結局自分も楽しめなくなるのです。だからこそ、相手のためにも自分のためにも、ルールを守ることは鉄則だと言えます。

では、具体的にテレフォンセックスには、どういったルールがあるのでしょうか。まず、基本的に相手の個人情報であったり、プライバシーに関することを聞いてはいけないのです。どこに住んでいるのか、どんな仕事をしているのか、恋人はいるかどうかなど、そういった質問は安易にしないようにしましょう。携帯番号であったり、住所などの情報は絶対に聞かないようにしましょう。

ある程度仲の良い関係になったのであれば、ある程度のところまでは聞いてもいいでしょう。その場合でも、まずは自分から先に話すようにして、その上で教えてもらうようにしましょう。

次に、テレフォンセックスをしている最中は、原則として途中でやめないようにしましょう。せっかくいいムードになってきたのに、自分の一方的な都合でやめてしまうと、相手のテンションも一気に下がってしまいます。そうなれば、もう二度とテレフォンセックスをしてくれなくなるでしょうし、嫌われてしまうことになりかねないです。

どうしても急な用事などで、やめざるを得ないケースもあると思います。その場合でも、必ず相手に伝えるようにして、いきなり電話を切るようなことは控えるようにしましょう。

テレフォンセックスでは自分が楽しむことも大事かもしれませんが、相手だって楽しみたいと思っているわけですから、相手のことも考えながらセックスをするようにしましょう。自分ばかりお願いを聞いてもらうのではなく、相手のお願いや希望にもしっかりと応じてあげるようにして、双方がテレフォンセックスを楽しめるようにしましょう。

これは当然のことですが、暴言であったり誹謗中傷、相手を馬鹿にしたり不愉快にするような発言は、絶対にしないようにしましょう。特に、自分は意識していないのに、ついそういった発言をしてしまう人も少なくないので、言葉の発し方には常に注意するようにしましょう。