テレセの流れ「テレフォンセックスに興味がある」、「テレフォンセックスを体験してみたい」、そう思っている人は是非ともやってみることをお勧めします。テレフォンセックスには様々な魅力や良さがありますが、それも実際に自分で経験してみないと分からないです。少しでも興味があるならやってみることが1番です。

自己紹介から雑談

テレフォンセックスの初心者にとっては、大まかな流れであったり具体的なやり方などが、全然分からないという人も多いかもしれません。もちろん、テレフォンセックスの楽しみ方は人それぞれなので、どのやり方が正解だというわけではないのですが、とりあえず基本的なことだけでも知っておくのがいいでしょう。

テレフォンセックスでは電話を通じて相手を会話することになりますが、この時点ではお互いに初対面同士です。しかも、相手の顔も姿も全く分からないので、唯一分かっているのは相手の声だけです。

まずはお互いのことを知る意味でも、簡単に自己紹介から始めるようにしましょう。相手のことを知ることによって、より妄想の方も膨らみますし、どういったテレフォンセックスをするのがいいかも分かったりすします。

自己紹介が終わったらすぐにオナ電を始めるのではなく、少しばかり雑談をするようにしましょう。普通のセックスでも、最初はしばらくお喋りしたりするので、それと同じようなことをします。何気ない会話をすることによって、お互いの緊張も解れます、場の雰囲気を良くすることもできるので、よりスムーズにテレフォンセックスを始めることができます。

テレフォンセックスにも前戯はあります

雑談の方が終わればいよいよテレフォンセックスを始めていきますが、まず最初はエロトークからスタートするようにしましょう。普通のセックスで言えば、いわゆる前戯のような存在で、エッチな会話をすることで徐々に興奮を高めていきましょう!

人によっては、時間が勿体無いなどの理由で、そういったエロトークを飛ばしてしまう人もいるようですが、正直あまりお勧めはできません。どんなセックスにも前戯は必要ですし、それによってテレフォンセックスの快感も倍増させることができます。

最大の楽しみ「本番」

エロトークの方でエッチムードを高めたところで、本番へと突入できます。いろんな妄想をしながらテレフォンセックスを楽しみ、場合によっては道具を使ったり擬音も発したりしながら、思う存分セックスを楽しみましょう。相手の喘ぎ声を聞いたり、自分も大きな声で叫んだりすることによって、さらに気持ち良くなって妄想もどんどん膨らんでいくのです。

最後は、自分の好きな体勢でフィニッシュを迎えて、イった後はその余韻も楽しむといいでしょう。またしばらく会話を続けて、お互いに充実感や満足感を確かめ合うといいかもしれません。テレフォンセックスは、電話を切るまでは続くわけですから、最後の最後まで堪能するようにしましょう。

考える力が大事

これが、一応大まかなテレフォンセックスの流れとやり方ではありますが、もちろん自分なりにアレンジしていけばいいですし、相手によってやり方を変えていってもいいでしょう。例えば、雑談やエロトークにより時間をかけてもいいですし、恋人のような雰囲気でテレフォンセックスをしてもいいわけです。

また、テレフォンセックスをする際の雰囲気も重要なので、部屋を暗くしたりムードを高める音楽を流したりするのもいいでしょう。さらに、ローター、オナホール、テンガ、ローションといった道具も積極的に活用していくといいでしょう。単に自分が使うだけでなく、擬似的に相手にも使用することによって、セックスの幅を広めることができるわけです。

あとは、何よりも大事なことは、どういったシチュエーションでテレフォンセックスを行うかでしょう。ごく普通にホテルや部屋でセックスをする状況で行うのか、あるいは野外セックスのような状況をイメージするのか、はたまた電車の中でエッチをしている妄想をするのか、色々なシチュエーションで楽しむといいでしょう。

テレフォンセックスでは、リアルだと実現不可能なエッチや、極めて行うのが難しいセックスでも、簡単に行うことができるわけです。何せ、全て妄想の中でセックスをするわけですから、極端に言えば何でもアリなのです。それを考えれば、自分がやりたいと思っていたプレイや、憧れとしていたセックスなどを、テレフォンセックスで楽しむのがいいと思います。

とりあえず、最初のうちは自分なりに色々と試してみるといいでしょう。別に失敗しても構いませんし、試行錯誤を繰り返しながら、自分にとってベストなテレフォンセックスを見つけていけばいいと思います。それによって、本当の意味でテレフォンセックスの魅力が分かるでしょうし、リアルのセックスを超える存在となってくれるのです。