男の喘ぎ声テレフォンセックスで重要な役割を果たすのが、いわゆる喘ぎ声です。もちろんリアルのセックスでも大事な存在ではありますが、テレフォンセックス(オナ電)の場合は相手の声しか分からないですから、より重要性は高いです。

喘ぎ声に関しては女性が出すイメージがあると思うので、男性の場合はあまり出さないという人が多いです。仮に出したとしても、かなり控えめに出したり、最後の最後に少しだけ出すというケースが多いです。

男性が喘ぎ声は気持ち悪くないの?

リアルでセックスをする場合であれば、あまり男性が喘ぎ声を発しまくるのはイメージが悪いかもしれません。しかし、テレフォンセックスにおいては自分の声でしか、興奮であったり気持ち良さを伝えることができないので、そういったことを相手にアピールする意味でも、男性であっても喘ぎ声を出すのは重要です。

一体どのような喘ぎ声を発すればいいのでしょうか。そこまで難しく考えることはありませんし、基本的には自分の感情のままに声を出して構いません。ただ、それでも悩むようであれば、いくつかポイントを抑えるといいでしょう。

まず、必ず感情を出して喘ぐようにしましょう。声を低めにして、ゆっくりとした感じで喘ぎ声を発してみましょう。機械的な声や棒読みにならないよう注意して、常に感情を意識しながら発することが大事です。

そして、気持ち良さや興奮しているということを、適度に伝えるようにしましょう。「めっちゃ気持ちいい」、「ヤバイ最高」といった何気ない言葉で構わないので、そういった発言をすることで女性の方も嬉しい気持ちになれるのです。

絶頂に達する寸前になったら、我を忘れるように喘ぎ声を全面に押し出しましょう。「イクイクイク」、「ううう、で、出そう」といった感じで、特に工夫をする必要は一切なく、感情だけに任せて声を出すようにしましょう。

恥ずかしいのは最初だけ!

男性も積極的に喘ぎ声を活用することによって、さらに楽しくテレフォンセックスを行うことができます。決して恥ずかしがる必要はありませんし、女性の印象を気にすることもないのです。惜しげもなく喘ぎ声を発することによって、自分だけでなく女性の興奮も高めることができます。

最初は自分なりに色々な方法で喘ぎ声を発してみるといいでしょう。別に失敗を気にすることもないですし、色々と試行錯誤することによって、自分にとって最高の喘ぎ声が見つかります。